月経前症候群(PMS)月経前不快気分障害(PMDD)

PMDD カラダコラム

月経の3~10日前から始まる精神的・身体的不調の事を月経前症候群(PMS)と言います。

月経前症候群(PMS)の症状のうち、心の方に影響がでる症状を「月経前不快気分障害(PMDD)」といいます。情動不安定になることが特徴で、日常生活に影響することもあるようです。

症状についての詳しいことは、他の詳しく書いてあるところを見てもらうとして...

お店に来てくれたお客様は「PMDD」と診断されたそうです。

〇悲しくなる、涙もろくなるなど感情が不安定になる

〇気分の落ち込み

〇絶望感がある不安や緊張を感じる

などの症状が生理前になると酷く出るとのことでした。

病院では「低容量ピル」「漢方薬」を処方されているそうです。

PMDD

ハッキリと、「これが原因だ!」ってのがわかってないから、

(これが原因だろうというものはいくつか有るのですが...)

薬で症状を軽減しつつ様子を見るっていう方法しか取りようがないんですよね(´・ω・`)

一か月半ほど前から週一回の間隔で施術を行っているのですが、

今回で6回終わったところですね。

今回は生理前の症状が出る時期に、上に書いたような症状はほとんど出なかったそうです。

若干イライラする、眠い、あくびが出る等の様なことはあったそうですが、

だいぶ調子が良かったようでした。

あと、施術以外にサプリメントの相談もしたんです。

PMS/PMDDを引き起こす主な原因として2つ、

『鉄欠乏性貧血』と『機能性低血糖症』

これは食生活も関係してくるのです。

必要な栄養素として、鉄、ビタミンB群、ビタミンC、亜鉛などなど。

このお客様は、食生活も乱れがちだったのでサプリで補うことになりました。(これはお医者さんに相談してからですけどね)

あと大切なのは、ストレスを溜めない!

現代社会の生活でストレスを溜めないなんてことは、かなり難しいですけど...

この方もストレスの原因だった事の一つが、解消されたことも加わり

今回は調子が良くなったと思われます。

このまま、次回も良い状態が続けばいいなぁ

コメント