坐骨神経痛

腰痛 カラダコラム

坐骨神経は、腹部からお尻、太ももから足先に伸びている、体の中で一番太くて長い神経です。坐骨神経は、経路が長いためいろいろな障害に侵されることが多くなります。坐骨神経痛というのは、それらの障害により、この神経の支配する領域に痛みが起きた場合の総称です。
坐骨神経痛
神経痛というのは、病気の名前ではなく症状です。神経痛には、それらを引き起こす原因が必ずあるはずです。
原因の主なものとしては、腰椎椎間板ヘルニア、梨状筋症候群、腰椎すべり症などです。

坐骨神経痛は発作的ではなく、継続的に痛みが続くのが特徴です。お尻、太ももやふくらはぎの裏側に痛みが走ることがあります。せきやくしゃみでも響いたり、体を曲げたりするとより痛みが激しくなります。また痺れや、感覚が鈍くなることもあります。

コメント