腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニア カラダコラム

椎間板は中央にゼラチン状の髄核、周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪からできています。この髄核や線維輪の一部などが突出した状態が椎間板ヘルニアです。人間は二足歩行であるため、立った状態では椎間板に多くの負荷がかかっています。

ヘルニア

症状

腰椎椎間板ヘルニアの場合、症状は、片側の下肢に痛みがでることが多い。まれに両側に症状が出現することもあります。下肢痛は、椎間板ヘルニアによる神経根の圧迫により生じる(坐骨神経痛の原因は、他にもありますが)。疼痛、しびれなどの症状に加え、感覚障害をおこしたり、運動神経の麻痺による筋力低下をきたすことがあります。

原因

腰に負担をかけるなどして、線維輪が破れて突出したゼラチン状の髄核が神経を圧迫することが原因と言われています。

改善方法

病院での治療は、原則的には保存療法。鎮痛剤、牽引や温熱療法などです。さらに、神経ブロック療法がとられることがあります。保存療法で改善しない場合、手術が考えられます。

また、病院でMRIでヘルニアが見つかったからと言って、必ずしもそれが痛みやしびれの原因とは限りません。ヘルニアは、施術により全身の状態を整えることで、痛みやしびれは改善していきます。

コメント