腰痛症

腰痛 カラダコラム

現在、日本で腰痛の人は全国に約2800万人いることが厚生労働省研究班の調査でわかっているそうです。約4人に1人(40代から60代で約4割)が腰痛を自覚しているという結果があります。その80%は原因不明とされており、必ずしも腰の骨に異常があるとは限らないんです。

そのため、今の医学では腰痛に対する治療法が、まだ確立されていないというのが現状なのです。例えば「椎間板ヘルニア」と診断されても、そのすべての人に腰痛があるわけではありません。 原因が分からないものに対しては対症療法をとっているのが今の状況ですね。

腰痛・坐骨神経痛の原因

腰痛の80%は原因不明だといわれています。原因が分からない物に対しては、「加齢」「体重の増加」「腹筋背筋の低下」などにより腰椎に負担をかけたことにより、椎間がせまくなったり筋肉疲労が原因だといわれています。

しかし、それらは要素の一つで直接の原因とでは無いと思います。体重のせい、筋力不足のせい、そして加齢のせいだと言われ、本当の原因は残されたままになってしまうのではないか。それが慢性腰痛治療の現状なのだと思います。

腰痛の原因はさまざま有り、みんな一定のパターンには当てはりません。そんな腰痛の原因として比較的多いのは、やっぱり仙腸関節(骨盤)の問題だと思います。大まかに言うと「骨盤の歪み」ですね。そしてこの仙腸関節(骨盤の歪み)を改善することで解消する腰痛も少なくありません。特に「ぎっくり腰」は、この仙腸関節が原因であること事が多いように思います。

腰痛
骨盤の歪みの原因は左右の下肢(脚、足)の使い方のが大きく、上肢(腕)の影響も少なからず有ります。そして、普通に生活している以上、骨盤は必然的に歪んでしまうものでもあります。

これは左右の役割の違い、やり易い方で行うため偏りが出てしまいます。これを続けることにより骨盤が歪み、骨盤の歪みに関連した腰痛が出てしまうことがあるのです。それを解消するためには、的確な矯正を行うことが必要であると思います。

コメント