突き指

バレーボールやバスケット等をしている時に、突き指を経験したことのある方も多いと思います。突き指というと、つい軽く考えがちですが、重症の場合は指の機能障害が残る心配もありますので、ひどい場合は整形外科を受診してみることをオススメします。

この突き指、外から力がかかることで指先の骨についている腱が傷ついている状態です。

突き指

この名前は

総称でして正式な病名ではありません。この総称で言うところの突き指には、捻挫、脱臼、骨折等さまざまな状態が含まれます。突き指をすると、その直後から患部が腫れて痛み、時には指の変形も伴います。それから突き指をした時は引っ張たらダメですよ。かえって症状を悪化させることにもなりかねませんので注意してください。

応急処置

応急処置としては、捻挫と同様にまず氷などでよく冷やし、テーピング等で固定します。アイシングの目安は、冷却20分間程度。あまり長時間冷やしすぎるのも良くありません。

冷やしすぎるのが良くないというのは、体は怪我をした部分を治すために血液を集めようとします。しかし冷やすことで血管が収縮してしまい血液の流れが悪くなってしまいます。結果治癒が遅れてしまうということになりかねません。

ある程度冷やしたら、その後は冷やすのをやめて温めるようにして下さい。温めることで血行がよくなり、自然治癒力も上がると思われます。

最近

お客さんで、手首が変な感じがするという方がいました。バレーボールをしていてボールが指に当たった後から、その様な状態になったとのこと。
ボールが当たって突き指になってしまったのですが、その時ボールが当たった時の衝撃で、指だけでなく前腕(肘から下)の筋肉が張ってしまい 手首に影響が出たのではないかと思います。

その張りをとること、また、指の関節のズレ等を修正することで、変な感じはだいぶ緩和されたとのことでした。

突き指といっても指の負傷だけでなく、腕の方まで影響が出ることがあるのです。

コメント