腱鞘炎

腱鞘炎 カラダコラム

腱鞘炎は、正式名を狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)と言い、腱(筋肉から骨につながる両端の部分)を包んでいる腱鞘(けんしょう)が、炎症してできた痛みを腱鞘炎といいます。

腱鞘の中には滑液と言う潤滑油が入っていて、腱を滑り易くしています。何らかの原因で、腱鞘が炎症を起こし腫れて腱が滑らかに腱鞘を通れなくなるのです。『ばね指』と同じですね。炎症が手首で起きたか、指の近くで起きたかの差だと思ってもらえばよいと思います。

腱鞘炎を大きく種類分けすると、ドゥケルバン腱鞘炎(手首の腱鞘炎)とばね指に分けられます。

症状

動かしたり、さわると痛みが起こります。腱の近くの関節をわずかでも動かすと、強い痛みを伴うこともあります。
腱鞘炎
ドゥケルバン腱鞘炎の見分け方

親指を中に入れグーを作り、小指側へゆっくりひねります。その時手首に痛みを感じたらドゥケルバン腱鞘炎の疑いがあります。

原因

手や指を使いすぎることから腱鞘炎になるといわれています。パソコンを一日中扱う仕事をしている人などは、キーボードを打ちすぎて、腱鞘炎になることもあります。

改善方法

一番効果があるのは、手や手首を使わないことです。ですが、手を使わないなんて無理なことですので、動かした後には、短時間だけ冷やして熱を取り、その後患部を温めるのが効果的だと思います。

腱鞘炎は手や手首などの使いすぎによって腱鞘炎になるのがほとんどですが、しかし特定の場所の使いすぎだけが原因ではありません。例えばパソコンの操作でなる腱鞘炎は、当然キーボード打つ手に一番負担がかかっているのですが、ぜんぜん関係ない離れた場所で、体を支えている足や腰にも負担がかかっているはずです。

施術により、収縮した部位の緊張を緩めて、炎症を改善します。

また、もうひとつ原因として考えられるのが、前腕(肘から下の骨)2本の骨があるのですが、橈骨と尺骨といいます。これらの骨が下がっていたり(手首方向)にズレることによっても同様の痛みが発生することもあります。

ご自分で試してもらうためのヒント!

痛みの引き金となっている「筋肉」を見つけ出し、その筋肉の緊張をゆるめてあげることで、痛みから解放されることがあります。

手首や親指の付け根などの痛みの場合、腕、肘、肩にある筋肉の緊張により、一番負担のかかる手首や指に「痛み」として現れているということが言えます。

痛い部分ばかりに原因があるのではなく、その痛みをヒントに、痛みの引き金となる筋肉を見つけだしましょう。そうすることにより痛みや腱鞘炎の解消につながるはずです。

腱鞘炎の予防

  • 必ず小休止する
  • ストレッチをする
  • 万が一腱鞘炎になったように感じるときは患部を冷やす。

コメント