手根管症候群

手 カラダコラム

手首の中央には正中神経という神経が通っていますが、その神経は手首のところで横靱帯という靱帯のトンネルを通ります。そのトンネルのことを手根管と言います。

手首を慢性的に酷使したり、外傷のためにこのトンネルのところで正中神経が圧迫されてこの症状が起きます。

手

症状

親指から薬指半分までの手のひらのシビレ。

原因

原因がはっきりと分からないことが多いですが、一般的には手関節の使いすぎが主な要因といわれています。また腱鞘炎と違いは、下の方法で確認することができます。

確認方法

手のひらの甲と甲を合わせて、指先を下にした状態で1分~2分間保持し、しびれが増強するか否か確認します。

確認方法

改善方法

病院での治療は、症状が軽度の場合は保存的治療をします。ひどい場合には手術をおこなったりするとのことです。

手首の調整

整体屋での施術をするなら。

手首を触る前に、まず肘を調整します。

肘の調整が終わったら、それからやっと手首に入ります。

これだけで手首の調子がだいぶ良くなっている例も少なくありません。

コメント