開張足

カラダコラム

横アーチの消失

足裏にある横アーチが崩れた状態の足のこと。

開張足

足には3つのアーチがあります。一つ目は『内側縦アーチ』(親指~かかとのライン)土踏まずの辺りですね。このアーチが無い状態を「偏平足」と言います。二つ目は『外側縦アーチ』小指~かかとのラインです。3つ目は今回の内容になっている『横アーチ』指の付け根にあるのが横アーチ。

なんでアーチがあるかと言うと、地面からの衝撃や体重を吸収するバネの役割を持っているんです。でもこのバネが伸びきっているため、衝撃や体重が身体に伝わりやすくなってしまいます。

開張足

原因

開張足になる原因としてよく書かれているのは、「運動不足による筋力低下」「ハイヒールによる横アーチの圧迫」「悪い歩き方」「肥満による体重の増加」「足に合っていない靴選びによる足への負荷」等があります。

最近気が付いたのですが、かく言う私も左足だけ開帳足になっていました。上に書いたような原因にはどれも当てはまらないのですけどね。運動もしているし、歩き方も気を付けているし、もちろんハイヒールも履かないですし。足に合っていない靴と言うのは当てはまるかもしれません。でもこれで自分でどの様に改善されていくか色々と実験ができます。

そこで自分の足を撮ってみました。

1枚目の写真は甲側ですが、親指が若干ですが外側に反っています。これは「外反拇指」、そして小指が内側に反ってます。こちらは「内反小指」。

※内反・外反は、体の中心に向かう方向が内側、中心から左右の外側へ向かうのが外反になります。

開張足

2枚目は裏側になります。赤く囲ってある部分が皮膚が硬くなっているのです。足の横アーチがないためにここが当たるんですね。

たこ

3枚目は第二指の形に注目!鎌首をもたげた様な形になっています。これを「ハンマートゥ」と言います。

なんだかよく見ると色々問題のある足ですね(;^_^A

ハンマートゥ

横幅が圧迫がかかった状態がつづいた指の付け根は、徐々に変形するようになっていくのだそうです。それが親指であれば「外反母趾」。小指であれば「内反小趾」の症状につながっていくんですね。

開張足の状態が長く続くと、外反母趾・内反小指などの足の指や関節部分の変形へと広がっていくことになります。

そして更には、膝関節や腰にまで影響を及ぼすことになるかもしれません。

どうやって元に戻すか、試してみたい方法があるので、経過はまたここで報告したいと思います。

経過

2枚目の写真の皮膚が硬くなっている部分ですが、結果として歩き方を変えたら柔らかくなりました!

どういう歩き方なのか?と言う説明は文字では難しいので、お店に来ていただければ説明できるのでもし興味があればお越しください~

 

コメント