膝に水が溜まる

カラダコラム

よく「膝に水が溜まったので抜いてもらいました!」というお話を聞きます。そして「抜いてもらったけどまた溜まって来ちゃったよ」というお話も...。

  • 「なぜ膝に水が溜まるの?」
  • 「この水はなに?」
  • 「注射で水を抜くと良くなるの?」

と疑問に思った事はありませんか?

膝関節
膝関節の構造は、上のイラストのような構造になっています。

  • 「太ももの骨とすねの骨を結ぶ靭帯(十字靭帯)」
  • 「クッションの役割をする軟骨と半月板」
  • 「その周りを包む関節包」
  • 「関節包の内側にある滑膜」
  • 「滑膜の内側を満たしている関節液」

なんで水が溜まるのか

正常な状態でも、膝に水(関節液)は溜まっていますが、膝が腫れるほど水が溜まるのはほとんどが炎症によるものです。関節周囲の関節包、靭帯、軟骨、半月板などの組織で炎症が起こるなど水がたまる原因はいろいろあります。溜まった水は炎症を起こしている場所を治そうと集まった液なので本来の関節液とは違う性質になっています。

皆さんが分かるものだと、すり傷をしたら傷口から透明な液や血がでてきますよね?それが同じ性質のものです。このたまった水は、リンパ球や白血球などが多く含まれ有害物質を排除する役目があります。

膝関節

膝の水は抜いた方が良い?

膝に通常より多く水が溜まるのは先に書いた様に炎症を抑える働きをしているからなので、この水は関節に必要な状態だから普通より多く溜まっているんですね。

膝に水が溜まるから痛いのではなくて、膝に悪い所があるから治すために水が溜まると考えてください。でも水がパンパンに溜まり動かしにくく生活に支障があるくらいになってしまうと、やっぱり病院で処置をしてもらうのがいいのでしょうね。

ただ、水を抜けばいいという訳ではなく水が溜まりやすい原因を抑えないことにはまた、水が溜まるだけです。つまり、根本的に炎症の原因を無くす必要があります。

コメント