背中で握手ができない

カラダコラム

片腕を下から背中に、もう片方の腕を上から後ろに回し背中で握手する。

左右を逆にして同じことをしてみる。そうすると、たいていの人は下から回した腕の左右どちらかが上がりにくい。

 イラストみたいに「左側はできるけど右側ができないんです。昔はできたんですけどね」なんてお話しして下さる方もいらっしゃいます。この背中で握手をやってもらうと、左手を背中から上げ、右手を肩から回す方は出来ても、その反対、右手を背中から上げる方が出来ない方が多いようです。

手を背中で組むためには肩甲骨が良く動く必要があります。肩甲骨は腕を動かすために必ず一緒に動く骨です。腕を動かさないと筋肉の凝りによって動きが悪くなて来てしまいます。

試しに肩甲骨を触りながら、触られている方の腕を動かしてみると思っている以上に動いていることがわかると思います。背中で握手ができない人の多くは、この肩甲骨の動きが悪くなっているのではないでしょうか。

肩関節を柔軟にし肩甲骨周りを動かす事で、肩こりや背中の凝りを改善していきましょう。この様な→【動画が表示されます】ストレッチを続ける事で、アナタも背中で握手が出来るくらいの柔軟性が出てくるのではないでしょうか。肩甲骨を動かす事で肩こりや背中の凝りの改善、肩甲骨周りの余分な贅肉を削ぎ落として背中美人を目指してみませんか。

コメント