頭痛

カラダコラム

頭痛にもいろいろな種類がありますが、ここでは慢性頭痛の内、緊張型頭痛についてです。

痛みが出る部分で多いのが頭の後ろ側。

緊張型頭痛は首、肩の筋肉の緊張、コリによって引き起こされているものだと思われます。

  • 姿勢が悪い
  • 首の骨などの骨格・体型の歪み
  • 首や肩のコリ、緊張
  • 目の疲れ
  • ストレスや精神的な緊張

でも、肩や首の緊張をどうやればいいのかわからなどうにも困っているんだと思われますよね。

ゆるめ方がわからないから揉んだり叩いたりする。それだけではすぐに元に戻ってしまう。

いろんな要因が重なって頭痛を起こしているかもしれません。

その要因として以下のものがあげられます。

  • 肩関節周辺の筋肉のコリ。
  • 肩関節がずれている。
  • 背骨の横の起立筋が硬くなっていて、首までひっぱっている。
  • 肩甲骨の動きが悪い。
  • 頸椎に歪みがある。

このようなことから肩こりだからといって、肩だけを触っていても解決しません。

土台から安定させることが必要になってきます。そして全身がふわふわになったら、頭痛は勝手に消えてしまうはず。

頭痛がするのは、頭蓋骨を含めて体のあちこちが硬くなっているからです。

コメント